育児・家事

育休で収入減るけど大丈夫?!お金の不安に答えます!

育休で収入減るけど大丈夫?!お金の不安に答えます!

こんにちは!くま吉です。(@hanatare_kuma

私は、男性も育休をどんどん取るべきだ!と思っています。

もちろん「うちの会社は取れる環境じゃないよ!」という声があるのを承知の上です。

いつかは日本も、男性女性関係なく、育休を取るか取らないかは個人が気軽に選択できる社会になることを願って、あえて書かせていただきます。

私自身も、第1子が産まれた後に1年間の育休を取得をしました(そのうちの9か月間は夫婦同時に育休を取りました)。

育休を取る上で誰しも不安になるのは、収入の減少ですよね。

でも、働く子育て夫婦を支えてくれる制度が、ちゃんと社会にはあります。

今回は育休について考える際にさけては通れない、お金の不安について考えたいと思います。

これから育休を取ろうかと考えている男性やご夫婦は、ぜひお読みください。

 

育休中、給料はなくても育児休業給付金がある!

お仕事を免除されて、育児に専念できる育児休業制度。

働く子育て世代には、本当にありがたい制度です。

しかし、お仕事をしないのならお給料ももらえないはず。

収入がなければ食べていけないし、生きていけないんじゃ…。

 

大丈夫、生きていけます。

確かにお給料はでません。

しかし、雇用保険に加入していれば「育児休業給付金」というお金がもらえます。

育児休業給付金ってどのくらいもらえるの?

育児休業給付金とは、育休が終わったら職場に復帰することを前提とした給付金です。

休業したときの日額賃金の67% × 支給日数という計算で算出されます。

※ 育休開始から6か月経過後は、50%と減額になります

支給期間は、原則として養育している子が1歳となった日の前日までです。

しかし、子どもが1歳になる前に職場復帰された場合は復帰日の前日までとなります。

一定の要件を満たした場合は、最大で1歳6か月または2歳となった日の前日まで受給できる場合もあります。

詳しくは厚生労働省HPの「Q&A~育児休業給付~」をご覧ください。

金額について、上のページのQ7では次のように紹介されています。

・平均して月額15万円程度の場合、育児休業開始から6か月間の支給額は月額10万円程度、6か月経過後の支給額は月額7,5万円程度

・平均して月額20万円程度の場合、育児休業開始から6か月間の支給額は月額13,4万円程度、6か月経過後の支給額は月額10万円程度

・平均して月額30万円程度の場合、育児休業開始から6か月間の支給額は月額20,1万円程度、6か月経過後の支給額は月額15万円程度

たしかに収入は67%になりますから、約3分の2になってしまいます。

しかし、ものは考えようです。

本来は働いていないのですから給料は0円のはずですが、給付金をいただけるのです。

さらに、身分が保証されます。

育休終了後に職場に復職して、また元通りの収入を得られるという保証は非常に大きな心の支えとなるはずです。

 

パパ・ママ育休プラス制度なら、育休期間が1歳2か月までに

男性も女性も、1人当たりの育休取得可能な最大日数は産後休業を含めて1年間です(公務員は除きます)

しかし、パパ・ママ育休プラスという制度を利用すれば、育休期間をさらに延長して子どもが1歳2か月まで取ることができます。

この制度は、男性にももっと育休を取ってほしいという理由から、 両親ともに育休を取った場合の特例を設けているものです。

特例の対象となるのは、配偶者が子の1歳到達日以前のどこかにおいて育休を取っている方(詳しくはこちらをご覧ください

この制度を利用すれば、単純に育休期間を延長して、さらに長い期間育児に専念することができます。

男性の育児参加を促進するために設けられた制度ですので、条件を満たしているのなら遠慮はいりません。

きちんと制度について理解し、自分たちの状況がそれに該当するならば積極的に利用しましょう!

 

世界で一番有意義なお金の使い方

育児休業給付金によって収入が0にはならないとわかっても、年収が大幅に減少することを心配する人もいるかもしれません。

育児休業給付金でもらえる金額は、最大でもお給料の67%、半年を過ぎると50%となりますから…。

 

では仮に、育休を取ることによって年収が3分の1減ってしまうと考えてみましょう。

年収300万円なら100万円、年収600万円なら200万円、年収900万円なら300万円、それぞれ年収が減ることになります。

減るという考え方をするとなんだか惜しいし、悲しい気分になりますよね。

 

しかし、私はまったく逆の発想で、ポジティブにこれを受け止めました。

それは【生まれたばかりの赤ちゃんと一緒に、家族で過ごせる1年間という時間を、年収の3分の1で買った】という考え方です。

 

年収が600万円だったとしましょう。

その3分の1は200万円ですから、200万円で1年間という育児や家事に専念できる時間を買うと考えてみるのです。

それは物理的な時間であり、精神的な余裕とも言い換えられます。

家族のことを考える時間が以前より確実に確保され、さらには自分の生き方や物の見方考え方を振り返る時間にもできる時間です。

本を読めば新しい知見が得られ、家族と過ごす日々の中ではたくさんの新しい思い出ができることでしょう。

 

かけがえのない、お金では換算できない時間。

その価値は、どれほど大きいものでしょう。

私はその時間が、200万円という金額と比べることができないほど、価値があると思えるのです。

だって、産まれて間もない我が子と一緒に過ごせる期間は、一生に1度しかないのですよ?

後からああすれば良かったと言っても、2度と手に入らない貴重過ぎる時間です。

そう考えたら200万円というお金は、思い出や体験という形に姿を変えて、何倍もの価値になって戻ってくると思えるのです。

幸い、妻もこの話に理解を示し、共感してくれました。

だから私たちは、世界一有意義なお金の使い方をして、夫婦の宝物となる1年間を手に入れたと考えています。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、観ていて飽きません。

本当に時々刻々と変わっていくのです。

それは顔つきであったり、声であったり、体の動かし方であったり…。

「あっ、今〇〇したよ」「えっ、本当に?!見逃した~。もう1回やって(笑)」

こんなやり取りを、夫婦で一つ一つ体験していく。

これ以上の幸せを、私は思い浮かべることができません。

 

まとめ

今回は、育休をこれから取ろうかと検討している男性やご夫婦に向けて、お金の不安にお答えしたいと思い、書きました。

結論として、育児休業給付金やパパ・ママ育休プラスなどの制度をフル活用していけば、育休中も収入が0にはなりません。

収入が減るのは事実ですが、総合的に見ればデメリットよりもメリットの方が断然大きいということを、今一度お伝えしたいです。

家族との絆も深まり、かけがえのない時間という宝物を得られる男性の育休。

迷っている人は一つの選択肢として、育休を取るという選択を検討してほしいと思います。

きっと近い将来、あのとき決断してよかったと振り返る日が来ると思いますよ!

 

それではまた。

くま吉でした!

 

あなたにたくさんの幸せがありますように♪